※このページは「東京熱」で無料公開されている画像を見易く一覧にしています!
 
 
 
 
タイトル名 美女医過剰輪姦膣内麻痺
女 優 永瀬留美
公開日 2007/03/16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
携帯電話の背景(壁紙)サイズと、ほぼ同じ大きさの画像
240×400ドット
縦長画面用
240×360ドット
標準画面用
240×400ドット
縦長画面用
240×360ドット
標準画面用
240×400ドット
縦長画面用
240×360ドット
標準画面用
240×400ドット
縦長画面用
240×360ドット
標準画面用
240×400ドット
縦長画面用
240×360ドット
標準画面用
 
携帯電話の背景(壁紙)サイズと、ほぼ同じ大きさの画像
480×854ドット
Docomo 906iシリーズ等
480×854ドット
Docomo 906iシリーズ等
 
「永瀬留美」の作品
 
輪姦OL膣内汁射14連発
永瀬留美
美女医過剰輪姦膣内麻痺
永瀬留美
 
 
即アクセス! 会員登録
 
プレイ内容

 今回の獲物は雌フェロモンビンビンな美人女医・永瀬留美です。留美の病院の患者は変態ばかり。診察室でいきなりチ○ポを出したり「先生のパンティ見たい」と言ったりする患者の相手で留美は毎日ヘトヘトです。ストレスが溜まる上に欲求不満。病院から帰ってのオナニーが日課になりました。女医の欲求不満を東熱の陵辱プレイで一気に解消してあげましょう。

 病院から帰宅した留美は自宅のソファで早速オナニー開始。大股開きで激しくクリトリスを弄くり本気でイッてしまう。そこに彼氏が帰宅。留美はバックスタイルで両手を縛られての尻へのスパンキング&指マンを哀願。続いてマンぐりポーズで指マンされ「もっと奥までメチャクチャにして!」と悶絶して潮吹き。

 さらに「おチ○ポちょうだい」とチ○ポを咥える。そして勃起したチ○ポを背面騎乗位で自らオマ○コにズブリ。背後からクリトリスを弄くられながらピストンされ「気持ちいい!」を連発。続いて立ちバックでズブリ。片脚を高く持ち上げられながらの激しいピストンにオマ○コの中身が捲れチ○ポに纏わり付く光景がスケベ。その後屈曲位で生ハメ。「中に出して!いっぱい出して!」中出しを懇願する留美に精液注入。チ○ポが抜かれた瞬間ゆっくりと精液が溢れる。その後直ぐ第2射を発射寸前のチ○ポがズブリ。全ての精液が膣内に注入される。

 「明日病院に行くからこれ着けとけ」彼氏に渡されたのはリモコンバイブ。次の日リモコンバイブをオマ○コに装着した留美のもとに1人の患者がやって来る。そこに彼氏から病院に行けないという電話。残念そうな留美に患者が声を掛けるがその手にはリモコンバイブのリモコン。彼氏に頼まれて来院した患者だった。

 患者は留美を診察台に押し倒す。別の変態患者達4人も加わり陵辱開始。強制フェラ、指マン、バイブ責めと続くプレイに留美は本気で抵抗。バックスタイルでオマ○コに極太バイブを突き入れられたままクリトリスを電動アンマ器で刺激され大量愛液噴出。さらに開脚ポーズでの電動アンマ器の責めに強制的にイカされる。

 続いて診察台に再び転がされ2本のチ○ポを強制手コキ。留美の手コキに患者2人は次々とバストに射精。続いてベッドに移動し輪姦開始。正常位、側位での強烈なピストンにオマ○コ内部が赤く充血。股間全体も赤く腫れ上がる。さらにバック、背面騎乗位、騎乗位でハメられると同時に別のチ○ポを口の中に放り込まれる。

 生姦の最中に病院の周りを歩いていた男達が連れて来られ集団ブッカケが始まる。騎乗位で下から突き上げられながら1人が顔面に精液を浴びせる。さらに膣内では余りの気持ち良さにチ○ポが暴発。チ○ポが抜かれると膣口に精液が染み出し糸を引く。直後バックで別のチ○ポが生姦。ハメられながら合計13人分の精液を顔面に発射される。顔射シーンは別のカメラで捉えられ生姦と同時に楽しめる映像となっている。

 そしてバックで生中出し。直ぐに別のチ○ポが正常位でズブリ。顔面と股間を精液でドロドロにしながら留美は「チ○ポ気持ちいいよ!」と隠語連発し喘ぐ。最後は「出して!いっぱい出して!」と気が狂ったように叫び大量の精液を膣内に注ぎ込まれる。射精中に勢い余ってチ○ポが抜けるが再びズブリ。逆流する精液を膣内部に深く押し込む。

 余りの酷い姿に彼氏に呆れ果てられ留美は捨てられます。この後留美は重度の変態患者を専門に診る東熱病院の生姦科の勤務が決定。今では膣内の感覚が麻痺するまで入院患者に中出しされる当直の日々が続いています。

 
   
 
※このページでは日本の法律に違反しないよう、修正を加えてます。ジャンプ先は無修正ですのでご注意ください!
 
Copyright 2005-2006 キレイなお姉さんナビ All Rights Reserved.
トップページへ戻る 東京熱一覧へ戻る